ズワイガニ ボイル肩脚

ズワイガニのボイル肩脚

ズワイガニ ボイル肩脚の特徴とお勧めレシピ

こちらのズワイガニのボイル肩脚は、すでにボイル(茹で)済みなので、解凍後そのまま食べられてとても便利です。ほどよい加減で茹でられているので、身離れも良く、手軽に美味しくズワイガニを楽しむことが出来ます。

 

調理するレシピに使用する場合は、調理時間が短縮することが可能です。ただし、カニしゃぶや焼きカニなど加熱する際には、身が固くならないよう、加熱時間を気を配りながら、火を通しすぎて固くなり過ぎないように気をつけてください。

 

ズワイガニのボイル肩脚には、次のような種類があります。

 

「ボイル本ずわいがに肩脚」
本ずわい蟹(オピリオ種)を茹でて即冷凍。解凍後はすぐに食べられます。

 

「ボイル紅ずわいがに肩脚」
紅ずわい蟹の魅力はなんといっても、その価格。ズワイガニの肩脚が格安価格で賞味できます。
しっとり柔らかな食感も美味しさを引き立てます。

 

 

◎ズワイガニ ボイル肩脚を使った美味しい食べ方

 

解凍してそのまま食べる

ボイルしてあるカニは、解凍してそのまま殻をむいて食べるのが一番美味しいです。ほどよい茹で加減と塩加減で茹でられて急速冷凍されているので、旨味がギュッと閉じ込められています。上手に解凍するコツは、新聞紙やクッキングペーパーなどで包んで乾燥を防ぎながら、冷蔵庫でゆっくりと時間をかけて解凍することです。

 

 

にぎり寿司、酢の物の具に

一度ボイルしてある蟹は、再度加熱すると身が固くなりがちです。ボイル蟹はもちろん料理にも使えますが、出来れば加熱せずに食べた方が良いと思います。にぎり寿司や酢の物の具としてならそのまま使えるので、ズワイガニならではの上品な甘みを楽しむことが出来るでしょう。鍋などに入れる場合は、他の具材に火が通ったあとにボイルカニを入れ、軽くひと煮立ちさせるくらいで大丈夫です。

 

ズワイガニのボイル肩脚関連ページ

ズワイガニのむき身(ポーション)
ズワイガニのむき身(ポーション)の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
ズワイガニの生肩脚
ズワイガニの生肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
ズワイガニのボイル姿
ズワイガニのボイル姿の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ