タラバガニ 生肩脚

タラバガニの生肩脚

タラバガニ 生肩脚の特徴とお勧めレシピ

タラバガニの肩脚部分を新鮮なまま急速冷凍してあるので、ギュッと閉じ込められた旨味と、タラバガニならではのプリプリの食感を楽しむことが出来ます。生のまま冷凍してあるので、様々な調理法で楽しむことが出来ます。

 

タラバガニの生肩脚には、次の1種類があります。

 

「生本たらばがに肩脚」
たらば蟹の肩脚部分を生のまま冷凍しています。調理用として、焼きカニや、蟹ご飯などにも使用可能です。
サイズは特大6Lから最大級10Lまでと色々です。

 

 

◎タラバガニ 生肩脚を使った美味しい食べ方

 

焼きカニ

タラバガニならではのボリュームのある太い脚を、ガブッと豪快に楽しめる食べ方です。カニの殻で手を傷つけないように軍手をはめて、カニ切りバサミや包丁を使って解凍したカニを半むき身状態にして焼きます。詳しい焼き方はタラバガニの半むき身のページをご覧ください。

 

 

蟹ご飯

カニを解凍後に冷蔵保存した場合は、なるべく火を通して食べた方が安心です。贅沢にカニご飯を作ってみてはいかがですか?幅広い年齢層の方に喜んで頂ける食べ方です。

 

蟹ご飯・レシピ

@鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、酒、カニを入れて、サッとひと煮立ちさせます。
A炊飯器に@のだし汁と米を入れ、米の分量に合わせた水加減にして炊きます。
B炊き上がったら、@の半量のカニを入れて混ぜ、10分ほど蒸らします。
C器にカニご飯を盛りつけ、残りのカニを上に散らします。

 

お好みで、炊く時にしいたけやしめじ等のきのこ類や、竹の子、油揚げ等を加えても美味しいです。また、カニご飯を盛りつけた上に、三つ葉やゆずの皮を散らすと見た目も美しく、美味しくなります。

 

タラバガニの生肩脚関連ページ

タラバガニの半むき身
タラバガニの半むき身の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニのボイル肩脚
タラバガニのボイル肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニのボイル姿
タラバガニのボイル姿の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ