タラバガニ 半むき身

タラバガニの半むき身

タラバガニ 半むき身の特徴とお勧めレシピ

カニの殻をむくのは大変ですが、半むき身になっているとその手間が省けるので、とても便利です。色々な料理に活用することが出来ます。

 

タラバガニ半むき身には、次のような種類があります。

 

「生本たらば半むき身」
むき身というとズワイガニがメインになりますが、タラバガニではハーフカットになった半むき身というのがあります。タラバガニを、かに鍋や焼き蟹で頂く際にとっても便利です。

 

「ボイル本たらば半むき身」
こちらも、かに鍋や焼き蟹で食べてもいいですし、茹で済みなので、そのまま調理せずに食べることもできます。

 

 

◎タラバガニ 半むき身を使った美味しい食べ方

 

焼きカニ

カニの旨味をそのまま味わえるシンプルな食べ方です。半むき身でしたら、そのまま焼くだけなのでとても簡単です。ヤドカリ科のカニは焼きカニに向くといわれていて、ヤドカリ科であるタラバガニは焼くととても美味しくなります。タラバガニのプリプリでボリュームのある食べ応えと香ばしさが楽しめる食べ方です。

 

焼きカニ・レシピ

@七輪などの網の上でも、手軽に魚焼きグリルやホットプレート、オーブントースターで焼いても良いでしょう。殻を下側に身を上側にして焼きます。ひっくり返すとせっかくの旨味の汁がこぼれてしまうので、ひっくり返さずに焼きましょう。また、焼き過ぎると味が落ちてしまうので、焼き過ぎないように気をつけてください。
A焼き上がったら、お好みでレモンやすだちをかけて頂きます。そのままでも十分に塩気がありますが、醤油やポン酢、塩を少しかけても良いでしょう。
焼きカニには、辛口のお酒が合うようです。辛口の日本酒や白ワインなどを合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 

カニ鍋

タラバガニは大ぶりなのが魅力ですが、やや味が淡白なので、カニしゃぶよりも鍋にして頂くとより美味しく頂けます。半むき身は、鍋にそのまま使えるのでとても便利です。タラバガニならではのプリプリの食感を楽しむことの出来る食べ方です。作り方としては、白菜や長ネギなどの野菜類や豆腐やきのこなどと一緒に生タラバガニの半むき身を鍋に入れて、召し上がって下さい。

 

かに鍋・レシピ

@鍋に昆布と水を入れて火にかけます。沸騰直前に昆布を取り出します。
A白菜、ネギ、水菜、きのこ類、豆腐などをお好みの大きさに切り、カニと一緒に鍋に入れ火を通します。
Bポン酢などをつけて頂きます。お好みで柚子こしょうや紅葉おろしを加えても良いでしょう。
C最後はご飯を入れてカニ雑炊を作ります。溶き卵を加えて、かるく混ぜます。ネギのみじん切りを上に散らしても美味しいです。

 

 

蟹ステーキ

シンプルだけれどちょっと変わった食べ方・・・ということで、ステーキにしてみてはいかがですか?タラバガニの旨味があふれ出す、とっても美味しい食べ方です。

 

蟹ステーキ・レシピ

@フライパンにバターを溶かし、解凍したカニのポーションを焼きます。表面に少し焼き色がつくくらいの半生状態がお薦めです。下味はつけなくても大丈夫ですが、お好みで軽く塩こしょうしても良いでしょう。
A焼き上がったカニは、そのまま頂いても、お好みでレモンやすだちを絞っても良いでしょう。焼く前に表面に軽く小麦粉をふると、カリッと焼き上がります。

 

タラバガニの半むき身関連ページ

タラバガニの生肩脚
タラバガニの生肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニのボイル肩脚
タラバガニのボイル肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニのボイル姿
タラバガニのボイル姿の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ