タラバガニ ボイル姿

タラバガニのボイル姿

タラバガニ ボイル姿の特徴とお勧めレシピ

体が大きく足も太いタラバガニのボイル姿は迫力があります。パーティーなどでは喜ばれること間違いなしです。タラバガニの身はプリプリとした食感が魅力です。ほど良い塩味で茹でてあるので、解凍してそのまま頂くことが出来ます。なお、タラバガニは、蟹みそはほとんど食べることはありません。タラバガニ丸々頂けるので、脚部分を食べたあと、残った部分を使って、様々な蟹料理に使うことも可能です。

 

タラバガニのボイル肩脚には、次の1種類があります。

 

「北海道紋別浜茹でたらばがに姿」
北海で育ったタラバガニを、北海道で生きたまま茹で上げているので鮮度抜群。

 

 

◎タラバガニ ボイル姿を使った美味しい食べ方

 

カニグラタン

解凍してそのまま頂いた後は、残った身を使ってカニグラタンはいかがですか?
せっかく甲羅があるので、グラタンを甲羅に入れて、見た目も豪華にしてみましょう。

 

カニグラタン・レシピ

@フライパンで、薄切りにした玉ねぎとマッシュルーム、カニを炒めます。
Aここに茹でたマカロニとホワイトソース、生クリーム、バターを入れ、塩、こしょうで味を整えます。
Bカニの甲羅にAを入れて、上に溶けるチーズとパン粉を散らしオーブンで焼きます。

 

白ワインを少し加えると大人の味になります。
またブロッコリーやにんじん等を乗せても、いろどりが綺麗になります。

 

 

カニクリームコロッケ

残ったカニの身を使って、お子様に大人気のカニクリームコロッケを作ってみましょう。

 

カニクリームコロッケ・レシピ

@フライパンにバターを入れて、みじん切りにした玉ねぎとマッシュルームを炒めます。
Aここにカニを加えてサッと炒めます。
Bにホワイトソースを加え、塩こしょうで味を整えます。
C熱いうちにパッドに広げ、粗熱がとれたら冷蔵庫で1〜2時間冷やします。
D俵型に成形し、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて、180度の油で揚げます。

 

タラバガニのボイル姿関連ページ

タラバガニの半むき身
タラバガニの半むき身の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニの生肩脚
タラバガニの生肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。
タラバガニのボイル肩脚
タラバガニのボイル肩脚の特徴と美味しい食べ方レシピについてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ