蟹の選び方 生 ボイル

生蟹かボイル蟹か?

生とボイルのどちらを選べばいいのでしょうか?

かに専門オンラインショップ等で売られている蟹は、「生蟹」か「ボイル(茹で)蟹」のいずれかに通常なっています。でも、生と茹で、どっちが選べばいいのでしょうか?まずは。その違いを知るところからはじめてみましょう。

 

生蟹
生蟹というのは、生のまま配送される、というわけではなく、蟹を生の状態のまま冷凍した、という意味です。蟹をカニ鍋等で調理して食べる際は、ボイル蟹を使用すると、二度火を通してしまうことになり、固くなったりパサパサな食感になってしまうこともあります。ですので、生蟹を買って、それを鍋に入れたほうが美味しく頂けるでしょう。鮮度にこだわった、蟹刺しとして食べられる、刺身用生蟹というのも販売されています。

 

 

ボイル(茹で)蟹
生蟹の方が新鮮とかいう意味ではなく、あくまででもどのような状態で冷凍するか、という違いです。ボイル蟹は、獲れた蟹を一度塩ゆでしてから冷凍しています。届いたら、調理せずにそのまま食べることが出来るのが特徴です。サラダなどに使用する際にもよいでしょう。もちろん調理用として使用することも可能ではあります。その際は、調理時間を短めにするのなどの配慮は必要です。なお、浜茹で蟹と呼ばれているものは、水揚げ地で茹でられた蟹のことを指します。

 

基本的は、カニ鍋など調理をするなら生蟹、そのまま食べたいならボイル蟹、というように覚えていてください。

 

 

活蟹
また、生蟹、ボイル蟹とは別に、活蟹と呼ばれているものがあります。これは、生きたままの蟹のことです。生きた状態のままご自宅に配送されますので、蟹刺し(蟹のお刺身)として食べたい際には活蟹です。ただし、冷凍された蟹でも、鮮度が特に良いものは「刺身用生蟹」として売れれていますので、それを買うとよいでしょう。

 

 

ズワイガニ・タラバガニ・毛蟹 どれを選ぶ? << 前のページ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ