選び方 ズワイガニ タラバガニ 毛蟹

ズワイガニ・タラバガニ・毛蟹 どれを選ぶ?

どの蟹の種類を選べばいいのでしょうか?

蟹を食べたいけど、「ズワイガニ」「タラバガニ」「毛蟹」のどれを選んだらいいのか、正直ちょっと悩みませんか?ネットの口コミをみても、「私はズワイが好き」とか「やっぱり蟹といえばタラバ」といった意見や、「一番美味しいのは毛蟹です」などなど、コメントは様々です。

 

まずは、それぞれの蟹の種類の特徴を知るところからはじめてみましょう。

 

 

ズワイガニ

 

蟹の味に、甘味と旨味がしっかりとあるのが特徴。身は柔らかく、食感を楽しむというよりかは、味そのものを楽しむ蟹です。蟹みそが堪能できるは、このズワイガニと毛蟹になります。なお、ズワイガニには、本ズワイガニと呼ばれるオピリオ種と、大ズワイガニと呼ばれるバルダイ種があります。本ズワイガニのほうが流通が多く、水揚げ地によって名前がかわる「松葉ガニ(山陰)」「越前ガニ(福井)」「加能ガニ(石川)」などもこの種類に属します。大ズワイガニの方は、本ズワイガニと比べて大ぶりです。蟹本来の味をより楽しめるシンプルな調理方法、もしくは蟹刺しや茹でただけの状態で頂くのがお勧めかと思います。また、ズワイガニの中には、安価な紅ズワイガニという種類もあります。缶詰などで多く使用されています。

 

タラバガニ

 

ズワイガニよりもサイズが大きく、脚の部分にも身がぎっしりと詰まっているところがタラバガニの特徴的なところと言っていいでしょう。蟹特有のプリプリとした食感がより楽しめるのもタラバガニならではです。味は、ズワイガニと比較するとやや淡白な印象はあります。飽きがこない味なため、お腹いっぱいに蟹を楽しみたい、というような方にお勧めの蟹と言えます。なお、タラバガニの場合は甲羅にある蟹みそ部分は食べませんので、食べるのは肩脚部分がメインとなります。

 

毛蟹

 

美味しさでいったら毛蟹が一番という人も多いほど、好まれている蟹です。毛蟹の一番の魅力は、濃厚な蟹味噌の旨さと言っていいでしょう。蟹のサイズ自体は、他の蟹と比べると小さく、身も少なめではあります。ただ、毛蟹の繊細で上品な旨味を味わうために、必死になって蟹の身をほじくって食べたくなってしまうのが、毛蟹です。毛蟹は調理して食べるというよりも、塩茹でにしたり蒸したりして、シンプルの蟹そのものの味を楽しみます。

 

 

次のページ >> 生かボイルか? 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ